短編映画『見えないからこそ見えた光』

~全盲のヨットマン岩本光弘さんからのメッセージ~

イントロダクション

コロナ、引きこもり、自殺者の増加…
現代社会に降りかかる闇…
絶望の淵から抜け出す方法は?
先行きの見えない現代に一筋の光明がこの映画から浮かび上がる…
全盲で世界初のヨットによる太平洋横断に成功した岩本光弘氏。
その生き様を映画「祈り」「リーディング」の白鳥哲監督が描く。

 

16歳にして視力を失い、絶望の淵に立たされた岩本氏が、困難をいかに希望に変え進んできたか、そして2019年4月20日に「世界初」の全盲セーラーによる太平洋横断を成功させるに至る、55日間に及ぶ横断期間の中の岩本氏の本音を監督自らのインタビュー形式で収録。
人格や魂を磨いていく知恵を探る。

 

Story

世界で初めて全盲でありながらヨットによって太平洋の横断に成功した岩本光弘さんは、元々、目が見えていた。
青年期に徐々に視力を失い、全盲となる。

その絶望のどん底から這い上がり、太平洋の横断にチャレンジして2度目の2019年4月に世界的快挙を達成する。
彼の生き方から絶望の淵にいる人がどのように乗り越えるのかのヒントを探っていく。

 

監督メッセージ

コロナによる失業者、引きこもりの増加など
今、日本の社会は先行きの見えない状況に陥っています。
しかし、この現象は見方を変えると目覚めのチャンスであるのです。
今までの在り方自体を手放し、その先にある可能性にどのように繋がるか?
そのヒントが岩本光弘さんの生き方にあります。
この作品を通して絶望の淵にいる方々への光明を伝えたいのです。

映画監督 白鳥哲


出演:岩本光弘

2019 / 19min / ©OFFICE TETSU SHIRATORI

 

感想

「今」に「ヨット」にありがとう
ありがとうと言っているか
生かされていてありがたい
ありがとうが世界を変える
この部分が印象に残りました。
—————————————————————

そして、私の体、私や私の身の回りで起きている出来事。
全て必要だから在る。
全ては自身の歩むべき道を照らしてくれている光。
『見えないからこそ見えた光』より感じられました。

———————————————————–
短編映画はとても感動しました。
日々の生活で言葉だけの「感謝」「ありがとう」と言っている
自分に気が付き、本気で心から見つめ直す機会になりました。
是非、若い世代の人達に伝えていきたいと思います。
————————————————————-
映画も感動しました。
今、あること生きていることに感謝を
忘れがちなので、思い出すことが出来ました。
ありがとうございます。
—————————————————-
今日、見せていただいた映画も勇気と希望を感じる素晴らしい作品でした。
——————————————————-
映画での出来事はマスコミの報道では知っていましたが、当時はバッシングされても仕方がないことと感じていました。
表面だけの情報でジャッジしていた私がいました。
本当の意味、細かい部分を少しでも気づくことができ、それこそ感謝です。
問題を外に向けてしまうのではなく、自分の内にあることをあらためて感じています。
そして愛の力の素晴らしさも再確認しました。
——————————————————–
短編映画を観て、とても感動しました。
今まで、すぐにあきらめてしまう自分でしたが、嫌な事が起こった時、逃げるのではなく、
感謝しようと思いました。
—————————————————-
映画は力強く励まされるものでした
弱さ、絶望は希望、可能性に変えていくことができることは言葉ではなく、
リアルな映像だったので、より感動が深かったです。ありがとうございました。

 

Page
Top