SOSEI II:Renaissance II -Amour et microorganismes-

  • ja
  • en
  • zh-hans
  • de
  • ru
  • es
  • th
SOSEI II:Renaissance II -Amour et microorganismes-

Introduction

Microplastiques, radiations…
La solution ultime pour lutter contre la dégradation de notre environnement !
À quoi ressemblerait un monde où l’environnement de la Terre et la conscience humaine seraient unifiés ?
Alors qu’il est maintenant reconnu que l’énergie de la conscience exerce une influence au niveau quantique, la plus petite échelle de la matière, le temps est venu de nous demander ce que chacun d’entre nous peut faire pour construire le monde de demain.

Story

Depuis l’accident nucléaire de la centrale Fukushima Daiichi, la plupart des médias et des organismes gouvernementaux ont passivement observé la situation, semblant attendre que la contamination radioactive disparaisse d’elle-même.
Cependant, encore à ce jour, la pollution continue de s’étendre, et il n’existe aucune solution pour traiter ou se débarrasser de la terre contaminée par les substances radioactives.

Mais dans les coulisses, des gens se démènent pour faire face à la situation et leurs efforts ont produit des résultats bien tangibles.
Parmi ces initiatives figure celle de bénévoles qui ont entrepris de pulvériser des microorganismes efficaces (EM).
L’institut de radiobiologie de l’Académie nationale des sciences de Biélorussie, un pays touché par la catastrophe nucléaire de Tchernobyl, a prouvé que les microorganismes peuvent éliminer la radioactivité.

Alors que l’écosystème planétaire est au bord de l’effondrement, il est impératif que l’humanité tout entière transcende ses intérêts particuliers pour se consacrer à la renaissance de la Terre.
C’est dans un tel contexte que ce film présente une solution qui devrait redonner espoir à un grand nombre de gens.
Il révèle ainsi avec une approche scientifique la relation entre environnement et conscience humaine, et comment l’état de conscience de chaque individu et sa manière de vivre au quotidien sont interconnectés avec le devenir de la Terre.

回想ドラマには、元ジャニーズ男闘呼組の前田耕陽、同じく元ジャニーズで俳優として様々なジャンルで活躍する中村繁之などが登場し、ドラマを盛り上げている。

Cast & Staff

Cast

比嘉照夫 Teruo Higa農学博士 琉球大学名誉教授

1941年12月28日沖縄県生まれ。
琉球大学農学部農学科卒業後、九州大学大学院農学研究科博士課程修了。1970 年に琉球大学講師として勤務。1972年に同大学助教授。1982年に同大学教授。
2007年には同大学名誉教授となり、同年 4月より名桜大学教授及び国際EM技術研究所所長(現在、国際EM技術センター長)に就任。
1982年に「EM(有用微生物群)」を研究開発し、農業・畜産・環境・建設・工業利用・健康・医学などの幅広い分野で活用、現在世界 150ヵ国余に普及されている。 また、「EM」は1997年1月発行の『現代用語の基礎知識』に「最新キーワード」として取り上げられ、学校はもとより多数の自治体で積極的な活用が進められている。

主な著書に「新・地球を救う大変革」「地球を救う大変革①②③」「甦る未来」(サンマーク出版)、「EM医学革命」「新世紀EM環境革命」(綜合ユニコム)、「微生物の農業利用と環境保全」(農文協)、「愛と微生物のすべて」(ヒカルランド)、「シントロピーの法則」(地球環境共生ネットワーク)などがある。

奈良松範 Matsunori Nara工学博士

1985年に日本大学生産工学研究科にて博士号(工学)を取得。
元諏訪東京理科大学コンピュータメディア工学科教授、技術士(建設環境)、空気調和・衛生工学会技術フェロー。
研究分野は、土木工学(土木環境システム)、プロセス工学(生物機能・バイオプロセス)、総合工学(リサイクル工学)、建築学(建築環境・設備)、境界農学(環境農学)である。社団法人土木学会特別委員会地球温暖化対策特別委員会幹事や社団法人未踏科学技術協会エコマテリアルフォーラム幹事などを務めた経験がある。

キム・ヨンギュ Kim Young Kyuチョンジュ大学教授

全州大学農生命EM環境研究センター研究教授。
1992年に韓国の全北大学工科大学環境工学科にて環境工学を専攻した後、1996年に北海道大学衛生工学科にて博士号を取得。
主な研究実績は、「EM発酵による生ごみの堆肥化」、「タンニンとEM発酵物を添加したStruvite結晶による窒素、燐の除去」、「有用微生物増幅装置の水質浄化の特性」など多数。
有用微生物に関するものなど多数の特許を取得している。

アレクサンダー N. ニキティン Alexander N. Nikitinベラルーシ国立科学アカデミー放射線生物学研究所・放射線生態学研究室室長

2004年にベラルーシの森林研究所にて博士号(農業)を収得。
同氏の専門は、ポリッシ地域(ベラルーシの南部)の森林生態系における生物学的生産性及び生物地球化学的循環に関する研究である。
また、様々な生態系における人工放射性核種の挙動および土壌から植物への移行に関する研究に携わっており、これまで150報以上の科学論文を著述している。

ナタリア I. ティモフィナ Natallia I. Tsimokhinaベラルーシ国立科学アカデミー放射線生物学研究所・副所長

2003年にベラルーシ国立科学アカデミー放射線生物学研究所にて博士号(放射線生物学)を取得。電離放射線被曝が肺の免疫エフェクター細胞集団に及ぼす影響について研究をしてきた。また、人為的要因7および環境中の放射性同位体の挙動に対する生体の非特異的抵抗性の増加に関する問題についても取り組んでいる。同博士はこれまでに50報以上の科学論文や特許を著述している。

Cast[回想ドラマ]

前田耕陽 Koyo Maeda

1968年、東京都生まれ。
日本の俳優、タレント、キーボーディスト。元男闘呼組メンバー。近年、自身で旗揚げした演劇ユニット「Team54プロデュース」を中心に活動を展開中。
主な出演映画作品「いとしのエリー」「ロックよ、静かに流れよ」 「少年武道館」 「勝手にしやがれ!!」シリーズ「人生ごっこ!?」ほか多数

中村繁之 Shigeyuki Nakamura

1967年、千葉県生まれ。
日本の俳優、ミュージシャン。近年、30年ぶりとなるバンドを結成、ライブも積極的に行なっており2016年にはアルバム「再生」(Reborn)をリリースした。
主な出演映画作品「あいつとララバイ」「V.マドンナ大戦争」「キャンプで逢いましょう」 ほか多数

浅野彰一 Shoichi Asano

1971年、大阪府池田市出身。
日本の俳優。関西の小劇場で数々の舞台に出演し自らプロデュース公演も主催。現在東京を拠点に、その独特の存在感と愛されるキャラクターで、多くの舞台に出演。
主な出演舞台作品「シダの群れ 純情巡礼編」「助太刀屋助六外伝」「レミング」「泣いたらアカンで通天閣」 主な出演映画作品「あゝ、荒野」

Staff

出演 比嘉照夫
奈良松範
キム・ヨンギュ
アレクサンダー N. ニキティン
ナタリア I. ティモフィナ

柴田和明 羽根田薫 今泉智
米倉金喜 遠藤稔 瀧澤昇司
鈴木英俊 野本千壽子 小泉章
大畑都 長谷川芳男 吉彌信子
パク・チョル コ・ギョンヒ キム・ミョンス
ムン・スンマン イム・ヤンスン キム・ギョンテ
ユン・ヨンシク チェ・ヨンウク キム・ヨンヒョン

ナレーション 白鳥哲
回想ドラマ・キャスト 前田耕陽
浅野彰一
中村繁之
製作総指揮 白鳥哲
製作 成田健
撮影 大久保礼司
白鳥哲
編集 森隆倫
CG 田中一弘
カラコレ 齋藤直彦(ヨコシネ D.I.A.)
音楽 黒石ひとみ
ドキュメントパート
撮影助手 葉山昌堤
制作進行 三浦知子
岡見優香
記録 中島陽司
韓国コーディネイト キム・チャンヨン
末廣勇雄
韓国撮影協力 イム・ジュソク イム・ジョンウォン コ・ナムシク
ジョン・サンドゥ ファン・スンス ヤン・スンビン
リ・ドンギュ
イムシル畜協繊維質飼料工場 エバーミラクル社
グレ郡農業センター チョンジュ大学
国内撮影協力
石澤良枝 植木紀代 大野春江 高橋松美 藤田尚志
藤本葉子 松友宣子 宗保秋雄 安川 ひろ子 石田紀克
奥山哲也 葛山真司 小杉泰三 竹内睦治 安部友規
熊谷彰人 久留宮小春 小鹿友聖 里中正直 玉代勢孝斗
中村陸 廣田那由也 光野弥貴 山田和弥 Jun Amanto
ロケ協力 EM柴田農園 EMの微笑み 株式会社サンシャインファーム
小泉農園 障害者自立訓練・就労支援センター アルムの里
鈴木有機農園 瀧澤牧場
認定特定非営利活動法人 地球環境共生ネットワーク
馬場EM研究会
回想ドラマパート
照明 近守里夫
録音 久保琢也
撮影助手 佐藤心 工藤鈴花
美術 本間千賀子 原田千晴
衣装 高橋英治
ヘアーメイク 小林佳苗(宝映テレビプロダクション)
スチール 松尾成美
照明助手 後藤昴生
助監督 杉山正直 大澤わかな
記録 井上靖子
車両 林田健
マイクロ・ドライバー 曽根徳敬 (高橋ロケサービス)
車両応援 保科亮
制作補 武藤充穂
制作進行 網井和恵 本石瑠
美術協力 有限会社エコドラム メジャーワークス株式会社 株式会社関東企画
機材協力 ハイクロス シネマトグラフィ
ロケ協力 昭島市民交流センター
昭島ロケーションサービス あきる野市自然休養村養沢センター
西和ロケーションサービス 八王子倉庫スタジオ
日の出町観光協会 養沢毛鉤専用釣り場
キャスティング協力 ヘリンボーン Team54 イーエムジャパン
回想ドラマ出演者 光岡湧太郎
石丸弘   川崎ちひろ 加瀬充子  吉岡徹
浅野早弓吏 天沼理恵  荒木裕子  阿部功
飯田博子  伊藤よし子 上家隆行  魚谷美恵子
漆山てるみ 岡田勉   大野美恵子 金子八重子
川上佳瑞代 黒坂正美  小角佳子  添谷まり晄
田戸沙織  照井加奈子 得能豊子  豊場ゆみ子
中川奈美  信國祐介  花島郁代  馬場幸子
宮原浩   村山佳子  村山美恵子 山川智通
山根宏行  吉田賢治
主題歌「風になりたい」 (作曲 白鳥哲 作詞 化野道子 / 歌 星野ゆか パーカッション花)
サウンド・プロデューサー 伊藤圭一
サウンド制作コーディネーター 青柳美晶
サウンド制作 ケイ・アイ・エム
音楽録音スタジオ Kim Studio Sound City
宣伝美術 中村 嘉宏(Commect Arts)
翻訳 今村真由子 日本映像翻訳アカデミー
原稿起こし 塙寿美代
制作デスク 山口久美 大川結 冨永江美
応援 白鳥式ヒーリング講座・TAKA貴幼児教室受講生一同
協力 株式会社EM研究機構 株式会社EM生活
文献協力 『地球蘇生プロジェクト「愛と微生物」のすべて』
(出版社:ヒカルランド)
地球蘇生プロジェクト
映画製作基金『蘇生Ⅱ』
協力者
椿三四郎
EM♡ちいさな森 黒田達男 村口享子
有限会社IHMドルフィン 有限会社白鳥建設
EM大阪株式会社 山田充代 浅井博 伊藤幸子
加藤治郎 木村悦子 兼原浩美 くりはらさとこ
黒木久喜 広本正都子 芝洋征 白川利子
杉山雅彦 鶴田佐和子 野宮政子 野村亜樹
水谷雅志 山下修 吉澤文五郎 岩瀬尉司・明美
上野山清美・浩子 槇本寛・智景・賢司・祟志
三浦邦昭・美恵 あっちゃん&みぃーちゃん
チャコキッチン 恩送りフェスタ大阪実行委員会
霞ケ浦をきれいにする会 秀苑会一同
地酒・自然食品・カフェ なかざわ にんげんクラブ愛知
三河湾浄化市民塾 EMショップ コモンズ
MARUKA Foundation☆喜多村シャーンティ・敦子
WHAT A PARADISE あかね台眼科脳神経外科クリニック
やつづか歯科医院 NPO法人EMあいち
NPO法人EMネット神奈川 NPO法人えひめユニバーサルビレッジ研究会
NPO緑の会 一般社団法人プレーマアーユルヴェーダ協会
ソフトコミュニケーションズ(株) 株式会社天野新聞店
株式会社イーエムジャパン 株式会社大槻ホリスティック
株式会社オール シネマポイント 株式会社ケイアンドケイ
株式会社ホワイトマックス
ほか102名
協賛 株式会社EM研究機構
製作プロダクション 株式会社 OFFICE TETSU SHIRATORI
監督 白鳥哲

Director message

Ne rien attendre en retour… Se laisser envahir par l’amour…

Il semble aujourd’hui que les leçons tirées de la catastrophe soient sur le point d’être oubliées.
Comme si rien ne s’était passé, comme si la pollution radioactive résultant de l’accident nucléaire de la centrale Fukushima Daiichi n’avait jamais existé.
Pourtant, il existe des gens qui ont décidé de prendre le problème des radiations à bras le corps, et de le transformer en opportunité. Et leurs efforts ont été récompensés par des résultats remarquables.
Il s’agit de l’initiative de bénévoles qui ont pulvérisé des microorganismes efficaces dans 55 zones principalement situées dans la préfecture de Fukushima.
Comme déjà évoqué dans le film « Renaissance », il existe de nombreuses technologies à travers le monde visant à réduire et éliminer pollution radioactive.
Parmi elles, on compte la pulvérisation de microorganismes efficaces qu’ont mise en œuvre des bénévoles immédiatement après la catastrophe, et qui continue aujourd’hui à porter ses fruits.
Ces résultats sont porteurs d’un grand espoir pour l’avenir de l’humanité.
Je souhaite les faire connaître au plus grand nombre.
Je voudrais pouvoir raviver l’amour de chacun envers notre Mère la Terre…
C’est de cette volonté qu’est née l’envie de faire ce film.
Vagues de chaleur et de froid. Sécheresses et inondations. Typhons et tempêtes de plus en plus violents.
L’environnement de notre planète ne fait que se dégrader.
Il est grand temps de nous souvenir comment aimer et respecter la vie sous toutes ses formes à la surface du globe.
Personne ne se suffit à lui-même.
Tout ce que nous mangeons, tout ce que nous buvons, chaque bouffée d’air que nous respirons, nous les devons à des microorganismes, des plantes et une multitude d’autres êtres vivants. Nous leur devons notre vie.
On sait aujourd’hui que notre esprit conscient va jusqu’à influencer les procédés de fermentation réalisés par les plus petits microorganismes.
La croyance et l’amour désintéressé ont le pouvoir d’influencer l’ensemble du monde vivant.
Et c’est par eux que sera rendue possible la renaissance de notre Mère la Terre.
Quand nous aurons compris en quoi notre être-au-monde est si intimement lié à l’environnement de la Terre, notre manière de vivre en sera certainement modifiée.
Alors, la planète tout entière retrouvera d’un coup son équilibre.
En tant qu’êtres humains, il est de notre devoir de protéger et de veiller sur notre Mère la Terre.
Mon vœu le plus cher est que ce film permette à un grand nombre de spectateurs de s’éveiller à leur responsabilité envers la Terre et envers toute la vie qu’elle abrite.
Ne rien attendre en retour… Se laisser envahir par l’amour. Le moment est venu.

 

Review

Comming soon

Filmograpy

地球蘇生プロジェクトに参加しませんか? 基金募集中

Page
Top