THE READINGS リーディング

  • ja
  • en
  • zh-hans
  • de
  • ru
  • th
  • fr
THE READINGS リーディング

Introduction

Terrorism, crimes, conflicts, and numerous diseases…

The world is full of disturbing events and crimes reflecting people’s frustrations. People are dying of illnesses.
For us living in this era of chaos and devastation, «The Readings» is sure to be a wake-up call.
The readings, given by Edgar Cayce, 20th century’s greatest man of miracles, point out that the cause of illnesses is linked to the way we live and to the past karma accumulated in the subconscious layer of one’s mind.

«Whatsoever a man soweth, that shall he also reap.»

According to the state-of-the-art quantum theory, every thought, emotion, feeling, and action is recorded in a compendium called Akashic records. Every deed(«karma») is saved at quantum level.
Even after we lose our body in the present life, all of the information is embedded in the subconscious mind to be passed down to the next life.
Cayce’s readings indicate that the embedded information can be rewritten by understanding, accepting, forgiving, as well as offering love and blessings to the person connected with karma. To have «grace,» or compassion, in our life is indeed important.
If each and every one of us can awake to this idea, we can further evolve, overcoming karma.

The movie «The Readings» will prompt us to a new awakening and help us survive the new era.

Edgar Cayce

Story

When Edgar Cayce, «the Father of Holistic Medicine,» was under hypnosis, he could see through a person’s body no matter where the person was and give a reading.

Not only could he provide medical knowledge such as the cause of disease and its treatment, but also answers even to questions on the universe. How did he acquire and develop this incredible ability? Why did God give the enigmatic power to Cayce?

Through major illnesses of this age, the movie closes in on the life of Cayce and the mystery of the readings with the help of Shigeru Mitsuda, the president of the Edgar Cayce Center in Japan.

“The Readings” will explore the trajectory of our future by examining the evidences provided by doctors employing Cayce therapy.

Cast & Staff

Cast[ドキュメンタリー]

光田 秀 NPO法人 日本エドガー・ケイシーセンター会長

光田 秀
NPO法人 日本エドガー・ケイシーセンター会長

20歳の頃ケイシーの『転生の秘密』を読んで霊的世界観に目覚める。大学院修了後、政府研究機関にて4年間勤務。以後エドガー・ケイシーを中心に霊的哲理の研究・翻訳・執筆に専心。現在、NPO法人日本エドガー・ ケイシーセンター会長。著訳書/『エドガー・ケイシー療法のすべて』(ヒカルランド)『眠れる 預言者エドガー・ケイシー』(総合法令)『改訂新訳転生の秘密』(たま出版)などがある。

三浦 直樹 みうらクリニック院長

三浦 直樹
みうらクリニック院長

肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識。様々な手技療法、食事療法、自然療法、心理療法などの研究を行い、必要に応じて西洋医学と組み合わせながら、自然治癒力を引き出す統合医療を行っている。ケイシー 療法も20年前から研究・実践を開始。『難病といわれてもあきらめない』をモットーに、様々な治療を取り入れて治療に当たっている。

吉元 由美 作詞家 作家

吉元 由美
作詞家 作家

広告代理店勤務の後、1984年作詞家デビュー。エッセイストとしても幅広く活動し、著者に『読むだけでたくさん「奇跡」が起こる本』など。現在は「魂が喜ぶように生きよう」をテーマに、「吉元由美のLIFEARTIST ACADEMY」プロジェクトを発信。少人数制のサロンセミナーや「言の葉塾」「ソングライティング・クラス」など、言葉と感性を磨くためのクラスを展開している。

池川 明 医学博士 池川クリニック院長

池川 明
医学博士 池川クリニック院長

上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年横浜市に産婦人科の池川クリニックを開設。2016年9月まで約3000名の出産に立ち会う。2001年9月、全国の保険医で構成する保団連医療研究集会で『胎内記憶』について発表し、それが新聞で紹介され話題となる。現在、胎内記憶を世界に広める活動に従事している。

萩原 優 医学博士、イーハトヴクリニック院長

萩原 優
医学博士、イーハトヴクリニック院長

東京女子医大外科、聖マリアンナ医科大学第一外科にて消化器外科、内視鏡的診断・治療、緩和医療に従事し、30年以上に渡り大学病院に勤務後、退職し、現在は聖マリアンナ医大客員教授。
イーハトーヴクリニック院長。医療における精神面に特に重要視し、統合医療を行っている。催眠療法を実践しつつ、その普及に努めている。
著書/『前世療法の奇跡—外科医が垣間見た魂の存在』(ダイヤモンド社) 他

降矢 英成 内科・心療内科・精神科医、赤坂溜池クリニック院長

降矢 英成
内科・心療内科・精神科医、赤坂溜池クリニック院長

LCCストレス医学研究所心療内科、帯津三敬病院などに従事し、ホリスティック医療の実践の場として赤坂溜池クリニックを開設し、院長に就任。森林養生プログラムによる自然治癒力を高めていく活動なども展開中。現在、日本ホリスティック医学協会会長を務める。
著書/holistic care book『カラダとココロの自然療法』(枻出版)、『森林療法ハンドブック』(東京堂出版)他多数。

石川 眞樹夫 内科・小児科医、クリニック光のいずみ院長

石川 眞樹夫
内科・小児科医、クリニック光のいずみ院長

英国でバッチ国際教育プログラムを受講、以後自己治癒力活性化のための『インフォームドセルフチョイス』理論を提唱し、バッチフラワーの治療適用に関する研究を続ける。「思い」と「食事」が健康と病気の基礎であり、「陰陽のバランス」を回復し、「心と体からすべての矛盾と異物を取り除く事」が病気回復の要であるとの立場から、「食事・運動・睡眠・排泄」の4大要素を整える事で、すべての疾患を改善に導くことができると提唱。

グラディス・マクギャレイ ホリスティック医学創立者 医学博士

グラディス・マクギャレイ Gladys Taylor McGarey
ホリスティック医学創立者 医学博士

エドガー・ケイシー療法のパイオニア的存在で、『全米ホリスティック医学協会(American Holistic Medical Association)』及び『超心理学と医学のアカデミー(The Academy of Parapsychology and Medicine)』の創立メンバーの一人。ホリスティック医学の母としても世界的に知られている。また、アメリカで医師として初めて鍼灸を学び、他の医師に鍼灸を教えるなど東洋医学に対しても深い知識と経験を持っている。

シドニー・カークパトリック A.R.E. ベンチャー・インワード編集長

シドニー・カークパトリック Sidney D. Kirkpatrick
A.R.E. ベンチャー・インワード編集長

ドキュメント映画作家、ノンフィクション作家。ニューヨーク大学卒業後、「ヒストリー・チャンネル」「ディスカバリー・チャンネル」などで歴史番組のプロデューサーとして活躍、数々の受賞歴を持つ

ケヴィン・トデッシー エドガー・ケイシー財団(A.R.E.)CEO

ケヴィン・トデッシー Kevin J. Todeschi
エドガー・ケイシー財団(A.R.E.)CEO

エドガー・ケイシーの研究家としては、すでに30年の実績があり、著書も20冊を超える。スピーカーとして世界中で講演も行い、日本にも数回来日している。著書/『ソウルメイト(Edgar Cayce on Soul Mates)』『魂の成長(Edgar Cayce on Soul Growth)』『家族のカルマ(Family Karma: The Hidden Ties that Bind)』

リン・スパロー・クリスティ 催眠療法士

リン・スパロー・クリスティ Lynn Sparrow Christy
催眠療法士

教師、作家、催眠療法士、A.R.E.のメンターとしてオンライン講師も務めている。作家である彼女はエドガー・ケイシをモチーフにした著書も執筆。数十年以上の催眠療法士の実績を持ち、全米および諸外国にて催眠療法や、それに伴う指導者関連のセミナーを行い催眠療法の普及活動に努めている。また地元において個人のニーズに応えた幅広いセッションを提供している。
著書/『Beyond Soul Growth』 『 Edgar Cayce and Christian Faith and Reincarnation』

ジョン・ヴァン・オーケン

ジョン・ヴァン・オーケン John Van Auken

国際的に著名なスピーカーであり、エドガーケイシーセンターのシニアマネイジメントスタッフでもある。またエドガー・ケイシーセンターが主催する、エジプトなどの世界中の聖地ツアーのリーダーでもある。著書には『From Karma to Grace』などの数々のベストセラーがあり、FOXテレビやヒストリーチャンネルなどのラジオやテレビ番組にも登場している。ケイシーのリーディングや聖書、古代エジプトなどが専門分野である。

Cast[回想ドラマ]

エドガー・ケイシー セイン・カミュ

エドガー・ケイシー
セイン・カミュ

ニューヨーク州生まれ、フランス系アメリカ人。両親の仕事関係で幼少期に世界各国の暮らしを経験する。ニューヨークの大学で演劇と芸術論を学んだのち日本に定住、タレント活動を開始。09年より『現代狂言』(座長・南原清隆)にも挑戦。2010年9月、2男1女の父親である自身のイクメン修行を綴った著書『ザ・イクメン』を三省堂出版より発売。2017年 TBS「7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート」(ナレーター)、NHK WORLD TV「J-Trip Plan」出演中。Media International所属。

ガートルード・ケイシー他 シンシア・チェストン
ガートルード・ケイシー 他
シンシア・チェストン
アル・レイン マイケル・カリスマ
アル・レイン
マイケル・カリスマ
グラディス・ディヴィス ハンナ・グレース
グラディス・ディヴィス
ハンナ・グレース
ウェスリー・ケッチャム医師 ロバート・アンダーソン
ウェスリー・ケッチャム医師
ロバート・アンダーソン
サージェント博士 ドン・ジョンソン
サージェント博士
ドン・ジョンソン
薬剤師ルイス・エルギン ジェイソン・スラットマン
薬剤師ルイス・エルギン
ジェイソン・スラットマン
エドガー・ケイシーの父 スチュアート・チャールズ・ハワード
エドガー・ケイシーの父
スチュアート・チャールズ・ハワード
アーサー・ラマース ジョエル・ディカーソン
アーサー・ラマース
ジョエル・ディカーソン
ケイシー の少年時代 ジョエル・サンタナ
ケイシー の少年時代
ジョエル・サンタナ
精霊 ジェニー・シマ
精霊
ジェニー・シマ
吉元 由美 天野 弘愛
吉元 由美
天野 弘愛
山崎医師 島岡 安芸和
山崎医師
島岡 安芸和

Staff

Staff


Director message

Life is Seamlessly Connected

Looking at what’s happening in the world, I feel the distortions that came about from the limitations of which the value of materialism has reached. People can’t find their meaning of life, saying there’s no point living. For others, getting promoted, gaining good reputation, or becoming rich are their only goals, thinking nothing else is valuable. I find such view dominating this world.

Are we like machines? Is it that if we die, that’s it? Is there no meaning in living no matter how we live? Fundamentally, life is connected seamlessly and is flowing cyclically, and that’s what life phenomenon is. If you can’t find a meaning of life or a value other than a materialistic one, the result would be self-destruction.

Thanks to the advancement in quantum mechanics, the concept of «what remains in the field of information filling the universe will continue to exist even after a man’s body is lost» is being scientifically verified. The way we live, and the actions and deeds we take are recorded at quantum level, and that information, through unconscious memory, continues to influence our body.

It’s an area we’ve been calling the «soul.» And the accumulated information recorded in that area will have impact at physical and material levels.

If you harm someone, you eventually receive that information through subconscious mind, and if you offer love and respect to others, then you will receive that information through your memory. Your dedication and devotion to human beings, all living things, the earth, and the universe, will eventually come back to you. Everything is connected and whatever you do is in the end for yourself.

If each and every one of us realizes this, the world will definitely change. The earth will move towards recovery, and we will feel from the bottom of our hearts that we are fulfilled and happy.


Review

Comming soon

Filmograpy

地球蘇生プロジェクトに参加しませんか? 基金募集中

Page
Top